今日は、月が出ていたので、、、


しかも、2階の窓から良い位置にお目見え。




ちょーーー久しぶりに。。。



(以前出したのは、1年以上前なはず。。。)




望遠鏡を引っ張りだして、月をみてみました。




やっぱり、久々だと、、、




感動する~~!!  



すごくうつくしく、鮮明に見えます。 

クレーターのぼこぼこが手に取るように。。。



この感動を写真に、


といっても、撮影設備がないので、目で見る部分に直接コンデジを当ててとってみました。

画像

(IXY 20IS Tv= 1/125, Av=2.8 ISO=80(オート)

うーん、イマイチ。


ピントも甘いし、ケラレも。。。


画像

(IXY 20IS Tv= 1/160, Av=4.0 ISO=200(マニュアル)

しかも、手持ちだし・・・(爆)



もう少しうまく取れると思っていただけに、ちょっとがっかり。
そう簡単ではないのですね。


実際は、これとは比べ物にならないくらいきれいです。


難しいことを実感しました。


--- 機材情報 ---

天体望遠鏡: ビクセン 102M(口径102mm、L=1000mm) + ポルタ経緯台
接眼レンズ: ビクセン PL35mm
カメラ: IXY 20IS 
手によるコリメート撮影(セルフタイマー 2秒)

----------------