久々に出張であった。 といっても日帰り。
新宿にでて、そこからさらに一時間ちょっと。
昨日の寝不足もあいまって、結構きつかった。
普段、車通勤になれている自分にとっては、やはり電車での通勤はきついのに
加えて、最近は都会にでる機会がすくなくなったせいか、どうも「気後れする」のである。
つまり、田舎もんの意識が過剰になり、ちょっとわからん事があると、オロオロ。

昨年の話になるが、久々に家族で東京方面にいった時に、改札ではほとんど(?)の
人がSuicaでスイスイ。 これにショックを受けた。
正確には、これごときでショックを受けた自分にショックをうけた。(爆)
さらに、続きがある。普通車にグリーンというものが最近あるらしく、子供も小さいので「乗ってみるか」という事になった。 
当然グリーンの切符は車内で買うことになる。
座ってしばらくして、車掌(最近はスチュワーデスの様な女性です。)がこないので、小心者
の自分は自ら払いに行こう、と思った矢先である。

来ました。徴収に。 しかも、まだお金を払っていないことをすでにしっているかのごとく、
自分の席にめがけてまっしぐら。

「何でわかるの? 自分が乗った事とその座席の場所を!!」

簡単な事です。 座席の上にセンサーが・・・
グリーンの検札をするか(これは人手)もしくはグリーン情報の入ったSuicaを座席上部
にかざす事で、頭上にあるLEDランプが赤から青へ変わるのです。

うーん、電車も進化しとる。

自分は大阪出身であるが、その中でも日本で始めて自動改札が導入された沿線に
住んどりました。たしか、幼稚園のころだったか、小学校のころに自動改札に切り替わり
ました。

やはり、時の流れはおそろしい。もはや自分の都会人の感覚は完璧に消滅したようだ。(笑)