今日はかなり肌寒く、完全に秋模様

通勤時の車の運転は、非常に緊張しながら車を運転し、

日常生活ではできるだけ積極的には運転しない生活をしております。
まあ、積極的に運転しない生活というのは、この地域ではかなり難しいので
どこまでできるかわかりませんが。


さて、一週間ほど前に、Versysを車検に出してきました。

お願いしたのはVFR800の時から、そしてVersysに乗り換えて早々
やっちまった時もお世話になっている、

MCCAFEさんです。

今回、3年間大きな整備をしていないので、フロントフォークのOH
やキャリパーのOH等、一通りお願いしました。

新車で購入してからの初めての車検になります。

もう3年もたったのか。。。

とても早く感じます。感覚的にはもう一年先のような感覚でしたから。


でそのバイク屋さん、自宅からはちょっと遠いんですよね。
バイクを預けて電車で帰ってくるわけですが、
ドアツードアで2時間ちょっとかかります。 

でも、自分にとってはとっても信頼できる修理専門の
バイク屋さんなのです。

持ち込んだのは、10月1日(土)
バイクを持ち込む為に2時間近く運転するわけですが、これがなんとも気乗りしない。
あれ以来いろいろとバイクでキップを切られる事のなる内容などを調べていたのですが、

例えば、赤信号にて止まっている車がいるところで、左側からスルスルっと、
列の一番前に行くようなケース。

バイクではよく見かけるケースですが、

かなりグレーゾーンらしい。

まあ、路側の場合と路肩の場合で明らかに異なるのですが、路側は完全に
NGで、路肩の場合はグレー。

グレーといっても、実際に反則キップを切られているケース(特に東京?)
が多いので、あえてそういうギリギリの行為を積極的にする必要もなく、

というか、違反意識の薄い内容を

(例えば、停止線を超えて赤信号を止まるとか)

うっかりやってしまわないように

カンンペキな運転をして、有無を言わさないように

最大の注意を払いながら走りました。

もう、25年くらい前に、

大型一発試験を受けた時のような運転・・・(笑)


 かなり気を使っております。
一年と2ヶ月ほどはバイクも車もこういう運転をしないといけません。
今までの運転で今まで捕まったことは非常に稀であったものの、
そういう意識が薄く運が悪いと(検挙になる事はないにせよ)反則切符とご対面の
可能性が否定できない。

ということで、毎回、一発試験を受験する気持ちで運転せねばと
自分に言い聞かせております。


話がそれました(汗)


で、昨日10月9日(日)にバイクを取りに行きまして、無事に戻ってきました。

すっかり写真を撮るのを忘れておりまして、、、

以下のリンクにおやじさんのブログに記事がありますので
ご覧ください。

なんだか、フロントフォークオイル油面が20mmも少なかったらしい。。。(汗)

ヴェルシス(その1)

ヴェルシス(その2)

ヴェルシス(完成)

 
これでまた安心して楽しむ事ができます。
帰りの道中もかなり緊張はしましたが、

(場所によってはではありますが、いかに法定速度というものが・・・汗)

来年の末まで、バイクに全くならないという生活は
ありえないので、とにかく乗る時は100%の運転を行おうと思います。

(と、自分に言い聞かせている記事です。 (;´Д`) )


さて、急に気温が変化してきましたね。
一昨年と同じように、「急に秋がやってきた」そんな気候の年になるかんじですね。

紅葉のいいシーズンになりました。


と今日はここまで。