Life with life

2008年の夏、14年ぶりにリターンライダーへ。
バイク(VFR800→Versys650、Serow)と車(NB8C)、趣味を中心に、気が向いたら更新しています。

2015年10月

届きました。

これ。

thumb_IMG_2692_1024
 
1個 1,900円也

LEDで、10Wです。

最初は人柱的に、これの広角タイプを購入しました。。。

ネットで確認していましたが、
10Wのくせに、明るいです。

でも、広角タイプは、、、

光が広がりすぎです orz


で、広角タイプは、別用途に使用する事にして、

スポットタイプ(写真)のものを再度購入。

グレアは出るので、結構下向きに装着しないと、
常時点灯は難しいかもしれません。

自分は、コーナーリングランプ用途なので、

あまり下向きにすると意味がない。

ので、スイッチ装着予定です。

結構使えそうな気配です。

真っ暗な、街灯が無い峠道でのコーナーで、

頼りになる事を期待。


以前、夜の峠越えを一人でする事になり、
とても怖い思いをした事がありますが、今度はどうだろう。

ヘッドライトがハンドルについているバイクは、まだハンドルの向きに光が向いてくれますが、

VFRもVersysも。。。

白線を頼り走っていましたから。


バイク用のステー待ちです。


ちなみに、純正フォグランプ(?)って、めちゃくちゃ高かったけど、
これなら手がでます。

あとは、耐久性ですな。

はい、無名の中華製ですから。

でも、評判はなかなかのようです。


 

ちょっと、重い記事が二つ続いたので、

この辺で気分を変えて。

珍しく、1日で2本の記事。

2本目は、これです。


先日、驚いた動画。。。

マジか、これ。。。




びっくらこいたわ。 

土曜日は、久々にご一緒するかたと、ちょっと近場にツーリングに行ってきました。
そして、今日日曜日から、すごい風。
気温も一気に下がりました。
ツーの記事は後日アップとします。


前回の記事を書いて、
自分ながらに、なんとなく腑に落ちない事があって、
数日考えていました。


これも、ちょっと長い。
でも、今回で終わり。
次回は、通常記事(?)に戻ります。


って、もともと更新頻度の低い自分でありますが(汗)



あと、、、


この記事。


読んでいて、


自分が読み返してみて、


決して、楽しく気持ちよく読める内容ではありませんでしたので、





そういう記事を読みたくない方は、




この記事を読まない事をおすすめします。



内容は、極めて



自分の言いたい放題です。



一方通行です。



「お前、何が言いたいねん!」



って、突っ込むのが得意な方は、



この記事は読まずに飛ばしてね〜。





という事で、





いつもより、多めに、




行間をとっております(笑)






では、本題にすすみます。





前記事において、

>#とはいえ、
>#とても親しい人であれな、それとなく柔らかく伝えるかもですが・・・
>#可能であれば直接本人へ、、、が良いと(自分は)考えている。
 
というのがありました。


自分が、
とても親しいと思っていた友人が、
とても人間として尊敬していた友人が、
その友人がとった行動が、
自分にとって、とても不快とか、
悲しく感じてしまう、
という事があった場合、

それを伝えるのか、、、
伝えないのか、、、

どっちが自分の価値観、信念に近いのか。

ここで言う、「伝える」というのは、
自分の気持ちを伝える、という意味で使っています。

自分は悲しかった。
自分は、〇〇のように感じた。

という事を伝えるという意味です。

相手を否定し、「こうすべきではない、こうしなさい」
という事を伝える事ではありません。(そういう意味で使っています)



そして、考えて、考えて

わかった事は、


自分は「伝えたい」 ようです。。。


さらに、逆のようなケースにおいても、「伝えて欲しい」

という事でした。



自分の価値観に伴う行動であっても、
それを指摘してくれる人が誰もいなければ、
場合によっては、
それは、裸の王様のようになってしまうし、
そういう事も、誤解を恐れずに伝えてくれる友人に対して、
ありがたいと思っています。

#ただし、誰でも良い、というわけではなさそうですね。
#このあと述べます。


自分も、会社の同期でそういう友達(親友)がいます。
とてもありがたく、そして助けられた事がなんどもあります。

ちなみに、そういう友人は、公の場ではなく、
そっと伝えれくれます。
自分に個別に伝えれくれます。
赤っ恥をかかないように、配慮して伝えれくれます。
頭ごなしに否定せず、でもしっかりその人の考えを伝えてくれます。

そういう、ありがたい友人にたいしては、
自分も耳を傾け、建設的な議論、意見交換の場となったり、
時には、自分が見えなかった自分を知るきっかけになったりします。


なのですが、
とても難しいなぁ、という事にぶつかりました。
悩みました。


ブログやFacebookでお友達になった方々って、

親しい間柄なのか、そうでない間柄なのか、、、

自分を開示し、相手も心を開いてくれている、、、と自分は思い、
自分は「親しい友人である」と思っていても、

相手はどう思っているのか、本当の事はわからないのではないのか。

#本当の事がわからない、信頼できないと悩むようなら
#親しい友人じゃないんでは?、といわれるかもですが、
#そう、白黒と判断できる単純なものではありません。

とくに、ブログやSNSでお友達になった方々とは、
その信頼関係は、一方(自分側)のみでは判断が難しい。。。

自分の片思いの場合もあるのだろうと。。。


最近、自分もある人に自分の気持ちを伝えないと!
と思った事がありました。

人は人、
自分は自分、
と割り切れない、親しいお友達と思っていた人に対して、
自分の気持ちを伝えたいと思いました。
なぜなら、
信頼している人だから。 親しい友達と思っている人だから。

伝えないという事は、それと相反することやん。。。

と思いました。


一旦は思いました。


でも、止まりました。


もし、片思いだったら?
その人は、そう考えていなかったら?



悩みました。




自分は、浅い関係の人をたくさん作るというより、

自分を正直にさらけ出し、
そして、相手もこころを開いてくれる、

そういう交友関係に向かう傾向があります。


なので、あまり大勢の人だと、いっぱいいっぱいになってしまうので、

Facebookなんかは、実際にお会いしている人に限定させてもらっています。
それでも、、、

なかなか難しいですね。



そういう付き合いがしたくて、
そういうお付合いをしてもらっている方とは思っていたけど、
それは勝手な自分の思い込みかも。。。




散々悩んだ挙句、
とある事情から結局自分はその人に気持ちを伝える事が結局できませんでした。


SNSに疲れたという人の声も最近しばしば聞く事がありますが、
こういう事も一つの要因なのかな、、、と思ってみたり。



こういう事を考えるのは、とても疲れますね。

さて、すっかり気持ちを切り替えて、


頭の中は、、、




バイクにフォグランプを格安でつける準備が整いつつあるので、



その作業の事で頭を満たして行こうと思います。




ここまでお読みいただいた方、、、



自分の未熟な、ささいな悩みのために
お付合いいただき、ありがとうございました。



やっぱり、記事をかくと、3時間くらいかかる。。。
今日はここまで。。。









 

最近、ちょっと心が痛く感じた事があり、その気持ちを残しておこうと思います。

(自分は、表現が下手くそと思っているので、あまりこういう内容を書くのを得意としていないのですが。。。) 
     ⇧ 予防線張るなっていうツッコミは、、、ご勘弁くださませ(汗)

以下、もちろん一人ごとです。 長いです。
なので、付き合わなくて良いです(笑)





この自分のブログは、特に自分の趣味であるバイク専用のブログのつもりはないのですが、たまたまバイクの話題が中心になっています。

そして、ありがたいことに、これを通じていろんな人と出会ったり交流したりできています。
(直接あった事がない人も含めてです)

そんな中、自分としては楽しく拝見させているバイクブログの方同士でちょっとしたトラブルが発生したのを目にしてしまいました。

両方の方を親しみをもって拝読していたので、その方々同士のトラブルをみて、
素直に、ちょっとショックを受け、悲しい気持ちになりました。

特に、最終的には一人に対しての集中砲火的な感じに感じて、
これが自分の心が反応してしまったようです。

(世の中的には、巷ではよくある事ですけどね)

自分の事でいうと、
自分が気に入らないブログをわざわざ見に行く事はしません。
そして、わざわざ見に行ったうえで、それに対して

「あなたは間違っている」という事も言ったりしないでしょう。
いやなら見なければ良いのです。
おかしな事に、過去それに気づくまでは嫌なブログをわざわざ見に行っていたころもあったという。。。

#とはいえ、
#とても親しい人であれば、それとなく柔らかく伝えるかもですが・・・
#可能であれば直接本人へ、、、が良いと(自分は)考えている。

(今回は、いつも見ていたブログだったので、目に飛び込んできちゃいましたが)



わざわざそこ(他人のブログなど)に出向いて言うのも自由ではあります。
それも、またその人の判断であり、決断ですから。。。
でも、その後に生まれる結果(良い・悪い問わず)も受け入れるという事も必要になります。

みなが、それぞれの価値観を持ち、
みなが、個々にその自分の価値観を信じ、

人の助言や意見をもらった時、
それを自分の価値観と照らし合せ、

時には、自分の価値観を見つめ直したり、
時には「そうなんだ。。。」と認めたうえで
「自分の場合はその価値観とは違うな」と感じたり、(親しければ伝える事もある)



そもそも、人を自分の価値観に強制的に合わせさせる事なんて不可能なんですよね。
(自分の妻、子供でさえも、強制的には無理です)

その事に気づかない時は、仕事でもプレイベートでもしんどい思いをした事が多々ありました。

人間が怒りを感じたり、怒りを生む時
    というのは
自分の期待と違う結果や行動がなされた時


と考えると腑に落ちます。(ある本で読んだのですが、自分の場合は腑に落ちました)

子供に対して怒りの感情が出る時
妻に対して怒りの感情が出る時
親に対して怒りの感情が出る時
友人に対して怒りの感情が出る時
部下に対して怒りの感情が出る時
上司に対して怒りの感情が出る時

その時に、一呼吸おいて
「自分は何に対して、なぜこの感情が生まれているんだろう?」
「自分は相手に、何をしてほしいのだろう?」

と考えると、それはそれはよくわかります。(経験上)

多くの場合は、

「わかってほしかった」
「こうしてほしかった」

という事柄ではないでしょうか。。。


動物は「刺激」に対して「反応」をします。

人間は動物の中で、この「刺激」から「反応」移行する際に唯一
隙間をもうける事ができる動物だと聞いた事があります。

(今回の場合、「反応」=「怒り」と置き換えてね) 

意識しないと難しいですけど。。。

なので、意識すれば、一呼吸おけるようになると思います。

興味がある人は試してみると面白いかもしれません。


ちょっと、話がそれてきましたので、戻します。

もし、自分が信じてやっている事柄があったとして、

「自分はこうだと思うよ」 と言われるのは、自分の場合は受け入れられるし、

いろいろな意見が聞けて嬉しいです。

たとえば、

「あなたが使用していたメーカーチェーンルブ、あまりお勧めしませんよ。
自分も以前使っていましたが、○×△*+・・・・」など(笑)

ちょっと、例が変か。。。(汗)


でも、「あなたがやっている事は違う。こうしなさい!」

と言われると、

「なんでやねん! お前、どれだけ自分の事知っとるねん! 」

と思ってしまうかもしれません。


(うーん、なんだか話がとっちらかってしまいました。ご容赦を)



なので、人のやっている事に関して、執拗な干渉はしなくても良いですね。

直接自分に直接被害がない場合、とやかく言う必要はないと思っています。

#自分の子供以外を叱る事のできる、近所のおばちゃんが
#少なくなった・・・系の話は、ちょっとおいといて。
#これはこれで、少なくなったのが、寂しい気がするが、
#自分的にはちょっと別次元の話なので


全ての事柄は、自分の行動の結果
自分の行動は自分が選択している

何度か聞いた事ある言葉なんです。


「そうは言ったて、そうできないよ〜。だって、嫌われるのが怖いし〜。」

というケース、よくあります。
その怖さもよくわかります。
でも、怖いからやらない、という事も自分が選択した行動であったりすると思うのです。

(偉そうな事を言っていますが、自分も100%できるわけではありません。)

自分が選んだのです。自分がその方が「安全である」と判断したのです。

(会社では、安全に逃げる事、いっぱいあるもん)



もう一つ、自分のブログに対する考えがありまして、、、

ブログはコミュニケーションツールには、なかなかなりえないと思っている一人です。
コミュニケーションとは、「双方向」です。
でも、ブログは「一方通行」であると思っているのです。

コメント欄があっても、管理人がコントロールできます。
嫌なコメントが来たら、消せます。
記事だって、そっと修正できます。


使い方を待ちがえると、一人を羽交い締めにする事も可能です。
期待せずにそうなってしまう場合もあれば、それを目的に使用する人もいるかもしれません。

難しいツールであるなぁ。。。と感じた事があります。(体験あり)


何が言いたいかというと、自分は、知っている人同士において、
一人が羽交い締めのような状態になった状態のブログをみたら、心が苦しくなります。

そして、それが実際にあって、

「ちょっと苦しかった」

という事を言いたかったみたいです。

(書いている本人が書きながら分析、、、みたいになってもうた。。。)

これは、「それが悪い」とか、c、
単純に、素直に、「こころが苦しい」と感じた、という事で、

これは、だれに何を言われようと、変える事はできません。
だって、そう感じちゃったんだから。。。


これとは別に、このトラブルについて、何が正しいかどうかなんて、
自分にはわかりません。わかるわけもありません。
双方を直接話をしたわけもなく、
そこに至るまでの事情は、計り知れないものがあるかもしれませんから。
事情によっては、自分だって同じ行動をとってたかもしれませんしね。

だから、判断(ジャッジ)はできませんし、しようともおもいません。

ただ、ただ、こころが締め付けられるような気がした、、、というだけなのです。


そして、この記事、自分の価値観についても、様々な意見があるかと思うのです。


結局、人間って、「わかってほしい」生き物なのですね。

今日、かいた自分の記事だって自分のこころに問うてみれば、

「だれかにこの気持ちをわかってほしい」

とか、

「共感したい」

以外の何ものでも無い気がします。


だって、それがなければ記事書かないものね〜
自分だけの日記に書けば良いもの。


そもそも、ブログやFacebookも、自分の思った事や日常を
他人に公開している。
これは、「わかってほしい」、「共感してほしい」
とう、人間の本質からきているのでしょうかね。

そして、共感のコメントが来れば、

「うれしい」

という事になるのです。。。


こんな内容の記事、初めて書いた気がする。

まあ、たまには良いか。。。



とっちらかった、文章下手なこの記事におつきあいいただきありがとうございました。

本当に、文章が下手くそ。(自爆)
読む時に、読み手で修正して仕上げて読んでくださいませ(笑)

あっ、よみたい人は、、、ですよ。

って、ここまできたら、もう読んでるか。。。(汗)


うーん、熱っぽくなってきたから、今日はここまで。





 

表題の通りなのですが(笑)

普段あまり気にしていなかったのですが、

というより、鈍感な自分はいつも生活している場所なのに気づかなかったというのが正しい。。。(汗)

我が家の愛犬が、走り回っているのである程度は覚悟していましたし、thumb_R1
thumb_R2


以前はそれほど気づかなかった気がするのですが、

久々に、まじまじと見て見ると。。。

ちょっと、ひどくねえか!?

この場所、ちょうど愛犬が、ソファーに飛び乗る(ジャンプする)時の踏み台位置に相当する場所。


このまま何もしないと、大変なことになりそうなので、
フローリングに専用の塗装(クリア)をして様子をみることに。

thumb_R3
thumb_R4
thumb_R5


うーん、、、
気持ちマシ? くらいです。

たのんますよ。。。(⇦自分に言い聞かせ)
まだまだ、お家のローンがたくさん残っているんだから。。

本当は、完全にワックス等を除去してから塗装する必要があるらしいのですが、
最初はサンドペーパーですこしこすってからやっていたものの、
途中から省略(^^;;


しかも、痛みがひどいところの一部だけやったものですから、
そこだけ、ツヤツヤにピカピカという。。。

どこかで、全域綺麗にしなくては。。。
ワックス掛けも長年サボっています。


そんな今日ですが、庭にある木を眺めていました。

今年はいないなぁ。。。
と安心していたのに、、、

大量発生!


見てるだけで、痒くなってきます。

ちななみに、触ると激痛が走ります。(触ったことないけど)

thumb_IMG_2687_1024


まだまだいそうです。。。

(トホホ・・・)

今日はここまで。

 

このページのトップヘ