Life with life

2008年の夏、14年ぶりにリターンライダーへ。
バイク(VFR800→Versys650、Serow)と車(NB8C)、趣味を中心に、気が向いたら更新しています。

カテゴリ: versys

まだ暑いのですが、ふとした時なんとなく秋の雰囲気を感じがするのは気のせいでしょうか。

新緑の山々も、緑が濃いものの、
なんとな〜くですが秋の準備をしているような感じがします。


さて、ことの始まりは、、、

9月2日(金)に会社から帰宅。
この週末はバイクで走りたい気分だったのですが、なかなか行き先も決まらずあっと言う間に週末に。

また近場では半日くらい走るか、、、とか

田子倉ダム方面にでも行くか・・・
とふと浮かんだけど、、、
ソロツーだとちょっとめげそうだな〜 ・・・(汗)

そうなると、やっぱり近場か・・・

と考えていたところに、何を考えたか(笑)

いわきのご夫婦ライダーへダメもとでメールする・・・爆
その時間、 19:30近くだったと思います。(汗)

前日のこの時間ですから、なんと無計画な・・・(^^;

「気軽に流して読んでください。
もし、ご予定がなかったり、こちら方面にツーの予定があれば合流しませんか?」
といった感じで、メールし、、、スマホを放置しておりまして、、、


気づいたら、、、

予定が無いからOKです! のメールが届いていた・・・


油断してた! ・・・ 

(゚∇゚ ;)エッ!?

あまりにも急にお誘いしたためほぼ無理だと思っていたので、嬉しい誤算。
慌てて返信して、集合場所等をご相談し準備。


という事で、南会津方面へツーリングにいってきました♪


6:00過ぎに自宅を出発


thumb_DSC02339_1024


高速に乗ると、

thumb_DSC02341_1024

それなりに流れておりますが、早朝にもかかわらず車の台数はそれなりに多かったです。

那須高原SAにて小休止をし、白河ICで降りました。

このまま甲子道路に向かうのも勿体無いので、ちょっと戻りまして
K68 → K306 → K290(くねくね)を走りまして、R289 甲子道路へ。

途中では、、、 んっ???

thumb_DSC02348_1024


おいおい、、、
この上から落っこったの??? (((( ;゚д゚)))

柵は折れたりしてなかったので、ちょっと不思議でしたが、
警察車両、救急車、クレーン車、レスキュー隊など、かなり大掛かりな感じ・・・

結局何事かはわかりませんでしたが。

そして集合場所である「道の駅しもごう」に到着。

thumb_DSCF1759_1024

空の青いこと青いこと。

ピロシキを販売しているロシア人のお母さんとお子さんがいて、
「YOUは何しにニッポンへ」へも出演した・・・

と期待していたのですが、
本日はお店はでておりませんでした (T_T)

thumb_DSCF1761_1024

無事合流できまして、ちょっとティータイム
(コーヒーonアイス)
thumb_DSCF1762_1024


ここで少しコース選定のご相談。

やっぱり田子倉ダムが見たいのと、さらにそこで試したい事があったので
当初の予定どおりそちら方面に向かいます。

K131, K346, R400とつなぎまして、

thumb_DSC02355_1024
thumb_DSC02358_1024


この赤い屋根のお家がならんだ風景とか、南会津は独特な雰囲気がありますね

thumb_DSC02359_1024


そして、目的地に到着です。

thumb_DSCF1767_1024


この場所から、

thumb_DSCF1768_1024


そう、、、

thumb_DSCF1771_1024


こういうのがありまして、ダム湖を遊覧船で観光できます。

いつもなら、興味はあれど時間の関係等でなかなか思いきれないところですが、

気にはなっていたので今回はお時間をとりまして、

thumb_DSCF1776_1024

にゃはっ・・・(笑)

ちょっと古びた感も雰囲気のうちです。

thumb_DSCF1783_1024

thumb_DSCF1787_1024

thumb_IMG_3412_1024


thumb_IMG_3414_1024

大人ひとり900円で30分くらいぐるっと回って帰ってきます。
4人以上からでないと船は出発しないとの事で、3人だと一人足りません・・・

が、同じように「二人だと乗れないのでまってたのよ〜」というご夫婦に始まり、
出航する頃にはそれなりに集まりました。

これが、想像していた以上にのんびり楽しめまして、

大満足!

結構迫力もありましたよ!

thumb_DSCF1797_1024


やっぱりここはすごい発電所ですね〜


この後、来た道をすこし戻って「歳時記念館」というところで昼食。
お蕎麦をいただき、帰路に向かいます。

今回は峠道くねくねが少ないので、ちょっとでも・・・
ということで、K352, K153を抜けましてR289へ合流。

そのあとは王道ルートではありますが、R401→R352→R121 

道の駅 たじま にて小休止し、ここで解散としました。


自分はここから、R400を走り、ちょいとクネクネを走るためにK56へ

矢板ICから高速にのり帰宅しました。


本日の走行距離・・・

あっ、見るの忘れてた・・・(汗)

GPSのトラックデーターでは、553km

43


まさん、さちさん、
急なお誘いにもかかわらずおつき合いいただき、ありがとうございました!

あっちゅう間に秋になってしまいそうな感じだなぁ。。。
今シーズンは前半はあまり乗らなかったので、後半戦は挽回したいと思います!

って、11月にバイク車検だった・・・ Σヾ( ̄0 ̄;ノ

と、今日はここまで。
 

本日4本目の記事・・・
やっと追いついたよ〜 ('д` ;)

8月13日(土)

会社の後輩と二人でちょっとツーリング。
この季節、とにかく暑いので涼しいところへ。

R17バイパスは流れているものの、この時間にしては交通量がちょっと多かった。
(写真は、たまたま空いていた時に撮りましたが)

th_DSC02310

th_DSC02314

ここに7時に集合。

当初は望郷ラインを走って、草津方面に抜ける算段でしたが、
そうそうに街中を抜けた方が良さそうなので、最短で。
伊香保温泉、二度上峠を経由して、

th_DSC02324
th_DSC02330
th_DSC02337

やっぱりすずしい。
ライディングパンツはメッシュにしなかったが、ここでは正解。

このあと、奥志賀林道を抜けて、津南へ。

(しかし、このあと写真が一枚も無いという・・・汗)

津南はいつも暑い。 ここは盆地のような地形だからなのか、
以前夏にキャンプにきた時も暑かった。

道の駅で、茹でたトウモロコシが売っていたので食してみると、
これがとても甘い!

お家用に4本ゲットして、お昼を食べて帰路へ。

塩沢石打から沼田までは高速をつかい、そこからクネクネの道を選択し、
大間々方面、R122へ抜けてきました。

とにかく下界はあつい。

このシーズンのツーリングは、涼しいところがいいですね。

クネクネをバイクの操作感覚を試しながら走る事に熱中してしまい、
二人ともそれなりのペースで走ってしまし、あっという間コースを制覇。

R50を経由して夕方には帰宅。

お盆にもかかわらず、奥志賀林道の道は空いており、楽しく走れました。

さて、次の避暑地はどこをターゲットにしようか。。。

 

8月も残りあとわずかとなりました。

あっと言う間に前回のアップから一カ月がたってしまっていました。

今日は、一気にこの一カ月のイベントをアップです。

では、(4記事中)その1

 前回の記事までは車でのツーリングが多かったのですが、
久々にバイクにのりました。

7月24日(日) ソローで、秩父から上野村を抜けて、十石峠に行ってきました。

th_DSC02266


久々のバイクはとても気持ちがいいです。

th_DSC02267

 ちょっと遅めの出発になったのですが、それでもお昼前には、
道の駅 うえの に到着。
向かいのお蕎麦やさんも営業開始していましたが、ちょっとお昼には早い。

th_IMG_3191


なので、先に進む事にします。
次に到着したのは、ここ。

th_DSCF1706


ここでお昼ご飯をいただきました。
ここは、メニューがあまりありませんが、
きのこカレー というのがメイン(?)みたいで、
今回もそれをいただきました。

th_DSCF1705

しかし、一人でのランチはやはりちょっと寂しく、
黙々と食べて、早々に移動する事に。

やはり、ソロツーではほとんどしゃべる機会がなく、
本日初めての第一声は、カレーの注文でした(笑)


さて、久々にここからさらなる奥へと向かいます。

th_DSC02267

昨年はたしか、十石峠は途中で通行止めだった気がしますが、
もう開通している情報を得たのでむかいます。

th_DSCF1708


そう、ここは携帯電話が繋がらないなんですよね。
昨年、auからdocomoに変えましたが、状況は同じ。ここは携帯は繋がりません。
それほど険しい山奥である、ということでしょう。

th_DSCF1709

久々に登ってきました。

th_DSCF1713

展望台の上は、相変わらず夏でも風がすずしくて、
景色も綺麗でした。
ここで、来た道をたどって夕方には帰宅いたしました。

バイクの感触をしっかり楽しく確認できました。


 

毎度ながら更新が遅くなってしまう自分に嫌気がさしておりますが・・・

やはり記事を書くとなると、自分の場合は(あれだけ誤字脱字が多くとも・・・笑)

それなりに時間がかかってしまうので、

ついつい先延ばし・・・


ほっておくとこのまま埋もれそうなので、
記録に残しておきます。

5月28日(土)に会社のバイク仲間と自分を入れて3人で
長野方面にツーリングに行ってきました。

新緑のシーズンでの長距離ツー

今年は実施していなかったので、梅雨に入る前に実行です。

関越道 上里SAに6:00ごろに集合しまして、佐久南ICまで
一気に移動です。

その後、R299 麦草峠を越えまして、ビーナスライン 
車山へと進みます。
霧ヶ峰にてトイレ休憩を入れつつも、和田峠越えまで一気に !

当日のこの時間帯はちょっと雲が多かったのですが、
交通量も少なく、順調なペースです。

なにせ、本日の予定折り返し地点は、まだまだ先なので 。

くねくね道を堪能したのち、時間を稼ぐ意味もあり、
再び岡谷ICから伊那ICまで高速移動。

途中、工事のため対面通行になっており、ちょっとした渋滞もありましたが、
さほどはまらず通過。

ICのコンビニにて、ちょっとつまみ食いです。(11:30頃)

ここから、再びクネクネ快走路を目指して出発。

K39 野麦峠へ。

thumb_DSCF1639_1024
thumb_DSCF1643_1024

ここに来るのは今回で3回目。

ここの峠には、食事のできるお蕎麦屋さんのようなものと、
もう一つ、毎回気になっている建物があり、
一旦出発したものの、やはり・・・

ということになりまして、

thumb_IMG_3029_1024
thumb_IMG_3028_1024

ここに、入館料500円を払い見学いたしました。

これが、なかなかディープな資料館で、個人的には
興味深く見学する事ができました。
こういうのを見ると、今訪れている地域の詳細が理解できるので、
ツーリングの道中の景色の見え方が変わってきますね。
thumb_IMG_3027_1024

thumb_IMG_3024_1024

 ちょっとぶれてしまいましたが、
thumb_IMG_3022_1024


といえど、すでに13:00を回っており、30分弱の見学にて早々に再出発しました。

独特の雰囲気の峠を下りまして(途中写真無し・・・)

R361から北上し、絶景ルートへ。

途中、お昼は ここにて。

thumb_DSCF1644_1024
thumb_DSCF1648_1024


すでに、14:30近くになっております。

そして、その後

thumb_DSC01978_1024


絶景ルートに辿りつくも、

 thumb_DSC01977_1024

御岳山は恥ずかしがり屋さんのようで、まだ顔をお隠しになっております。

 途中で、この絶景ポイントは押さえておきましょう、ということで、
thumb_DSCF1654_1024


thumb_IMG_3033_1024
 thumb_DSCF1655_1024

いつ見てもなかなかの迫力ですね〜。

景色を十分堪能してから、

thumb_DSC01981_1024
 
thumb_IMG_3038_1024

ここに到着です。

ここでは、今まで走行中は雲に隠れていた、乗鞍岳が

thumb_DSCF1661_1024

 その幻想的な姿を見せてくれました。

ほんと、ちょうど良いタイミングで。
このあとしばらくしたらまた雲によって、出たり隠れたり。

さて、15:30も回りましたので、休憩もそこそこ出発。

R361に戻りしばらくすると、

御岳山の絶景ポイントにてやっと姿を見せてくれました。

thumb_DSCF1667_1024
thumb_DSCF1666_1024
 

そして、開田高原を抜けて・・・

開田高原と言えば、、、


もう遅いので、寄らずに帰宅したいメンバーに、「絶対おすすめ」と
説得し、

thumb_IMG_3042_1024
thumb_IMG_3041_1024
thumb_IMG_3039_1024

帰りのための、糖分補給(笑)


ここから、ちょいと峠を抜けて、再びR361から中央道の伊那ICに入り北上。

当初、長野道、上信越道と高速のみで帰宅する案もあったのですが、

高速はつまらなくて、眠くなる、、、
という全員一致の意見にて、

再び岡谷ICを下り、 和田峠の旧道(まだ日が残っていて明るくてよかった・・・)
を抜け、中山道ルートを通り、佐久南ICから帰宅しました。


全走行距離は680kmくらいだったかな。。。

今回のコースですが、、、

ベースになっているのは・・・ (というかキーとなるところはほぼそのまま(笑))
以前、KAZU弥次さんに案内していただいたルートという・・・(汗)
感謝感謝。
(自分じゃ、こんなコース、なかなか開拓できないよね。)

いつ走っても楽しい素敵なコースでした。



と、今日はここまで。




 

5月6日(金)はお仕事があったので、休みボケの体に鞭を打ち、一日お仕事してきました。

長い人は10連休らしいですが、その10連休の人たちにとっても最後の土日。
この日はGW連休といえど、

6日が連休やすみでははない人

とか、

GWですっかり疲れてしまった人

が休養と取る日であると想像し、それなりに空いてるかも?

天気もなんとか回復したし〜

ということで、

5月7日(土) ちょっとそこまで!? バイクで走ってきました。

ソローツーなので、ついだらだらとしてしまい、出発はAM8:00

概略コースは、

館林を抜けて、粕尾峠(K15,K58,K14) ⇨日光⇨霧降高原⇨大笹牧場
⇨K249,R121,R400⇨K56から 県民の森へ

thumb_IMG_2965_1024


ここのK51沿いに流れる小川は、水が本当に綺麗なんです。
雰囲気も独特な雰囲気を醸し出してるし。

このあと、霧降高原まで写真がありません(笑)

一人だと、ひたすら走ってしまうんですよね。。。
休憩せず。


霧降高原への登りは、クリアラップとはいかないものの、GWピークの渋滞とは比べものにならないほどスムーズに登り、その先には、、、

thumb_IMG_2972_1024


雲海が広がっておりました。


thumb_DSCF1626_1024

ちょっと時間がたつと、雲が流れ・・・


thumb_DSCF1627_1024


といった感じに。


さて、このあとは大笹牧場で小休止

thumb_DSCF1633_1024



一口食べたあとで、写真に収めてないことにきづき、、、

thumb_IMG_2974_1024

thumb_IMG_2975_1024


このあと、ふと思いつきで走った、K249ですが、

thumb_DSCF1635_1024
thumb_DSCF1636_1024


思いのほか、酷道に近い? 飛ばしてくる対向車も何回かあったり、
雰囲気はいいのですが、オフ車の方が楽しめそうな道でした。

あとはひたすらひた走り、R400に乗るためにR121を少し北上したときに、

「南会津 〇〇km」って看板が出た時、思わず行ってしまおうかという思いが一瞬脳裏をよぎったのはここだけのはなし。
判断を冷静にし、ここからは帰路へ。

K56は何度か通ったことがあったのですが、ここもあまり道は良くないですね。(いままでは鈍感だったのでしょう)

今回、途中から 「県民の森」に初めて入りました。

ここはキャンプ場もあり、道もとても綺麗で快適でした。


帰りは、下道でダラダラ帰るのもだるいし、暑いしで、ちょっとワープ。

上河内のスマートETCより館林まで少し高速を使い、帰宅しました。



帰宅後、、、

thumb_IMG_2979_1024

うーむ、 もうそろそろなだな・・・
前回交換したもGW中 

自分のバイクは軽いので、タイヤには優しいはずなんですけどね。


タイヤ購入はナップスがセールしている時(10% OFF)の時にいかないともったいない。

で調べたら、、、

明日の5月8日(日)は10%OFFセールの日だとぉ?!!!

こりゃ、明日行けっちゅうことですな。


ということで、次の日の今日(5/8 日)にナップスへ行ってきました。

今のタイヤはブリジストンの T30

というか、純正タイヤからはき替える時、BT023を買おうと思ったのだが、
その時は在庫がなく新しくでたスポーツツーリング(グリップ向上、ライフ少し低下)
にしたんです。それから2回連続でT30

純正(カスカスタイヤ)⇨T30 ⇨T30 EVO ⇨(今回)

VFRの時はBT023ばっかりでした。

T30に慣れてしまった自分はちょっと心配でしたが、お値段に惹かれ、

thumb_IMG_2981_1024


やっ、安い・・・BT023 

ということで、今回はこれで試してみます。

で、早速注文し、お支払い。

thumb_IMG_2980_1024

取り付けは、、、


店員:「今日だと16:00以降になります・・・」

って、その話している時は10:00前ですから。。。爆

この日は夕方に用事があるので断念。

「予約はできますか?」 と聞くと、

店員:「ETC助成金等で作業が増えており、予約だと6月以降になってしまうので、直接来店されて待たれるのがよいかと。。。」


いつも混んでるな〜・・・

次の日曜日あたりにトライしてみます。


 今日はここまで。

このページのトップヘ